パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サーバがダウンしていないのにエラー 〜 IMAPの接続数制限によるエラー

<<   作成日時 : 2014/06/26 18:58   >>

トラックバック 1 / コメント 0

メールを IMAP で利用している場合、サーバがダウンしていないのに、メーラでエラーが出ることがあります。

例えば、Thunderbird では次のような表示が出ます。
画像


この時、メールサーバのログに以下のエラーが記録されていた場合、これはメールサーバのIMAP接続数の制限を超えたことを意味します。

dovecot: imap-login: Maximum number of connections from user+IP exceeded (mail_max_userip_connections=10): user=<xxxxx>, method=PLAIN, rip=xx.xx.xx.xx, lip=yy.yy.yy.yy, TLS

xxxxx にユーザのアカウント名、xx.xx.xx.xx にユーザのIPアドレス、yy.yy.yy.yy にはメールサーバのIPアドレスが入ります。


このログは、同一IPアドレスからの、1ユーザの IMAP接続が既定の数(デフォルトでは10)を超えたことを意味します。

実は IMAPはフォルダごとに1接続となります。
ルータの下でデスクトップPC、ノートPC、タブレット等を複数つなぎ、各端末上でメーラを起動していると、各端末でのフォルダ数の合計が既定の数(デフォルトでは10)に達することもあり得ます。

なお、Thunderbird はフォルダ数が5つを超えない様に、1台あたり接続が最大5本になるようです。


さて、このような制限をメールサーバの設定で回避する場合です。
CentOS/Dovecot では、下記を追加して下さい。

/etc/dovecot/conf.d/20-imap.conf

mail_max_userip_connections = XXX

XXX で、1IPアドレスからの1ユーザの接続数の上限を指定します。
IMAPではフォルダごとに1接続であることに注意して下さい。

設定後は、/etc/init.d/dovecot reload で反映して下さい。

参考


Dovecot - Maximum number of connections from user+IP exceeded

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Thunderbird でIMAP接続数を制限する
Thunderbird で IMAPメールを利用している場合、サーバのIMAP接続数の制限を超えると次のエラーが出ます。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2016/12/13 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サーバがダウンしていないのにエラー 〜 IMAPの接続数制限によるエラー パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる