パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS CentOS での日本語対応 mailman のインストール

<<   作成日時 : 2014/04/29 19:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Webベースのメーリングリスト管理システムに Mailman があります。
CentOS にも mailman のパッケージがありますが、バージョンが 2.1.12 と最新版ではありません。
そこで、ソースから mailman をインストールする方法を説明します。
作業は、mailman のインストール・設定、WEBサーバ apache の設定、メールサーバpostfix の設定です。


mailmanのインストール・設定


必要なパッケージをインストールします

yum install python-devel


mailman用のユーザとグループを用意します

/usr/sbin/adduser --no-create-home -s /sbin/nologin mailman
/usr/sbin/groupadd mailman


mailmanをインストールするディレクトリを用意します

mkdir /usr/local/mailman
chown root:mailman /usr/local/mailman
chmod a+rx,g+ws /usr/local/mailman


mailmanのソースをダウンロードし、インストールします。
日本語対応 mailman の最新バージョンは 2.1.14+j7 です。

wget http://www.python.jp/doc/contrib/mailman/_static/mailman-2.1.14+j7.tgz
tar zxvf mailman-2.1.14+j7.tgz
cd mailman-2.1.14+j7
./configure --with-cgi-gid=apache
make
make install


インストール先ディレクトリのチェックを行います。

cd /usr/local/mailman/
./bin/check_perms -f


以下の表示が出て、ディレクトリのパーミッションが自動的に修正されます。

/usr/local/mailman/messages/sr: ディレクトリのパーミッションは 02775 でなければいけません (修正中)
/usr/local/mailman/messages/ast: ディレクトリのパーミッションは 02775 でなければいけません (修正中)
/usr/local/mailman/messages/ar: ディレクトリのパーミッションは 02775 でなければいけません (修正中)
/usr/local/mailman/messages/no: ディレクトリのパーミッションは 02775 でなければいけません (修正中)
  :


再度 check_perms –f を実行し、「問題ありません」と表示されることを確認します。

./bin/check_perms -f


/usr/local/mailman/Mailman/mm_cfg.py に次の行を追加します。
DEFAULT_EMAIL_HOST , DEFAULT_URL_HOST は mailman を動かすサーバのホスト名を設定します。

/usr/local/mailman/Mailman/mm_cfg.py

GLOBAL_PIPELINE.insert(1, 'iso2022jpfix')
MTA = 'Postfix'
DEFAULT_EMAIL_HOST = 'XXXX.com'
DEFAULT_URL_HOST = 'www.XXXX.com'
add_virtualhost(DEFAULT_URL_HOST, DEFAULT_EMAIL_HOST)
DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja'


mailman起動スクリプトを設定します。

cp /usr/local/mailman/scripts/mailman /etc/init.d/
chkconfig --add mailman
chkconfig mailman on


管理用のメーリングリストを作成します。
メーリングリスト名に mailman を指定します。
管理用メーリングリストの管理者のメールアドレスとパスワードを要求されるので、設定します。

/usr/local/mailman/bin/newlist mailman



WEBサーバ apache の設定


WEBから mailman のメーリングリスト管理画面にアクセスする為の設定を行います。

下記を設定します。

/etc/httpd/conf.d/mailman.conf

ScriptAlias /mailman/ /usr/local/mailman/cgi-bin/

Alias /pipermail/ /usr/local/mailman/archives/public/
<Directory /usr/local/mailman/archives/public/>
AddDefaultCharset Off
</Directory>


アイコンファイルをコピーします。

cp /usr/local/mailman/icons/* /var/www/icons/


設定を反映させます。

/etc/init.d/httpd reload




メールサーバ postfix の設定


postfix と mailman が連携するように設定します。

/etc/postfix/main.cf の alias_maps に hash:/usr/local/mailman/data/aliases を追加します。

/etc/postfix/main.cf

alias_maps = hash:/etc/aliases, hash:/usr/local/mailman/data/aliases


設定を反映させます。

/etc/init.d/postfix reload



確認


以上でインストール・設定作業が完了です。

mailman を起動します。

/etc/init.d/mailman start


mailman のメーリングリスト一覧画面にブラウザでアクセスしてみます。
URL は以下のものです。XXXX.com の箇所は、サーバのホスト名です。

http://XXXX.com/mailman/listinfo


正しく動作していると、次の画面になります。
画像




以上で日本語対応 mailman のインストール・設定の完了です。



参考


Mailman 日本語情報へようこそ ― Mailman日本語情報
メーリングリストサーバー構築(Postfix+Mailman編) - Fedoraで自宅サーバー構築

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CentOS での日本語対応 mailman のインストール パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる