パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS パッチの作り方・適用の仕方

<<   作成日時 : 2014/02/01 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

パッチの作り方と、当て方についてです。

パッチの作り方


作成するパッチは、「old と new のディレクトリがあり、old を newと同じにするためのパッチ」とします。

まず、ディレクトリ new と old を同じ階層に用意し、new と old の1階層上に移動します。
lsコマンドを実行すると、結果にディレクトリ old と new が見える状態です。

# ls
new old


ここで、次のコマンドを実行します。

diff -Naur old new > old2new.patch


old2new.patch が作成れます。これが old を new にするためのパッチになります。


パッチのあて方


作成したパッチを change ディレクトリに適用するとします。
change ディレクトリの中身は old と同じものです。

はじめに、パッチを当てたいディレクトリ change に移動します。
移動したら、そこに作成したパッチ( old2new.patch )をコピーし、下記コマンドを実行します。

patch -p1 < old2new.patch


これでパッチが適用されて、change の内容が new と同じになります。



参考


すえん学録: Linuxでのパッチの作り方(diff)と使い方(patch)
Man page of DIFF
Man page of PATCH
ITmedia エンタープライズ : Linux Tips「パッチ(patch)ファイルを作りたい」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パッチの作り方・適用の仕方 パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる