パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS LDAP認証時のユーザのホームディレクトリの初期設定について

<<   作成日時 : 2014/01/24 22:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

CentOS6でユーザ追加をする場合、useradd で追加すると、ユーザのホームディレクトリには /etc/skel 下のファイルがコピーされます。
/etc/skel にユーザのデフォルト設定用のファイルなどを置いておけば、それがユーザ作成時に自動的に反映されます。

ところが、ユーザ認証にLDAPを使用している場合は、useradd を実行しない為、/etc/skel 下のファイルがコピーされるタイミングがありません。

これには、/etc/pam.d/system-auth の末尾に次の1行を追加します。

session optional pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=077


これで、ユーザが初回ログインした際に、ホームディレクトリ下に/etc/skel 下のファイルがコピーされます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LDAP認証時のユーザのホームディレクトリの初期設定について パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる