パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS CentOS6でRPMforgeを利用する設定

<<   作成日時 : 2013/10/03 22:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

CentOS6で標準リポジトリに加えて、RPMforgeを利用する設定です。
標準リポジトリで提供されないパッケージをyumでインストールできるようになります。
例えば、APC製UPSの監視ツール apcupsd 等をyumでインストールできるようになります。

なお、本設定では、通常は標準リポジトリのみを使用し、RPMforgeにしかないパッケージをインストールする場合はyum実行時に明示的に指定する設定とします。、
標準リポジトリとRPMforge双方に同じパッケージがバージョン違いで存在する場合に、RPMforgeから意図しないバージョンのパッケージが導入されることを防ぎます。


RPMforgeリポジトリ設定ファイルの導入です。

wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
rpm -ivh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
yum update rpmforge-release


次にRPMforgeを普段は使用しないように無効化します。
yum で明示的に指定しない限り、 RPMforge からパッケージが導入されることはありません。
/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

変更前)enabled = 1
変更後)enabled = 0


RPMforgeリポジトリを使用するときのみ、yum の enablerepoオプションで指定します。

例) yum --enablerepo=rpmforge install apcupsd



参考


Index of /rpmforge-release - RepoForge.org
RPMforgeリポジトリ導入(RPMforge) - CentOSで自宅サーバー構築
CentOS6にRPMforgeを導入する | ぺんラボ
CentOS6でRPMforge、Remi、EPELをyumレポジトリに追加する方法 - DQNEO起業日記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
CentOS6でEPEL リポジトリを利用する設定
EPEL リポジトリとは、CentOS の外部リポジトリで、標準では用意されていないパッケージを利用することが出来ます。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2014/08/14 22:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CentOS6でRPMforgeを利用する設定 パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる