パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS SELinuxを無効化したらカーネルパニックで起動しなくなった−凡ミスだったけれど−

<<   作成日時 : 2013/09/19 19:59   >>

トラックバック 1 / コメント 0

CentOS6でSELinuxを無効化しようとして、次のように disabled と記述したら、起動時にカーネルパニックで起動しなくなりました。

/etc/sysconfig/selinux

SELINUX=enforcing
SELINUXTYPE=disabled


でも、これは正しくは以下です。

/etc/sysconfig/selinux

SELINUX=disabled
SELINUXTYPE=targeted


SELINUXTYPE では無く、SELINUX の方を disabled にしなくてはいけません。
わかってしまえば、なんてことはない凡ミスなのですが、記述ミスだけでカーネルパニックになるのもどうかと思います。

参考


[指摘] 「SELinux無効化でカーネルパニック - CentOS6の備忘録」に対する指摘 - ishikawa84g's blog

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SELinux が有効だと cgi の実行で Internal Server Error になった
とあるテストサーバ上で、apache で cgi を動作させようとしましたが、ブラウザからアクセスすると Internal Server Error になり、どうやっても動作出来なくなっていました。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2014/04/28 23:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SELinuxを無効化したらカーネルパニックで起動しなくなった−凡ミスだったけれど− パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる